最新の整形情報まとめ

憧れの二重瞼にしたいけれど、整形手術を受けるのはちょっと怖いと感じる人は少なくありません。
凹凸が少なくソフトな表情が特徴の日本人的な顔立ちに、手術で作るクッキリとした大きな目は不自然に感じてしまうという意見もあります。
そんな人におすすめなのが埋没法という手術方法です。
事前のカウンセリングで自分の希望するラインを決めたら、そのラインに沿って何か所かを糸で止めるというやりかたで、自然なラインを作る効果があり人気の高い方法です。

手術後も腫れない!二重になる埋没法の効果

手術後も腫れない!二重になる埋没法の効果 二重瞼にはなりたいけれど、周囲の人に手術を受けたことを知られたくないし、できれば自然な雰囲気の仕上がりになりたいという人には、埋没法という手術方法が向いています。
皮膚にメスを入れることなく細い糸で瞼の裏側から希望するラインに沿っていくつかのポイントを止めるやり方なので、手術時間も短くて済むうえわざとらしくない自然な仕上がりになる効果が期待できます。
術後の腫れも少ないため、周囲の人にも二重瞼の整形手術を受けたと気付かれにくいというところもメリットです。
比較的手軽にできる方法で安全性も高い方法なのですが、人によっては二重のラインが定着しにくく、せっかく埋没法で手術を受けたのに時間が経過して元に戻ってしまうというケースもあります。

二重の埋没法は全く腫れないという訳ではありません

二重の埋没法は全く腫れないという訳ではありません 腫れない方法があれば周囲に知られることなく二重にすることが出来ます。
メスを使う手術はどうしても術後に腫れてしまうのですが、メスを使用しない方法も埋没法であれば全く腫れないという事ではないものの、メスを使った手術よりは腫れずに二重にすることが可能です。
埋没法はまぶたに糸を通してラインを作ることができるプチ整形と言われ手軽にできる手術です。
手術する時間が短く、術後の回復も早く、まぶたに通す糸は皮膚の裏側に埋め込むため、外から見えることがなく抜糸も不要です。
毎日のように市販の専用ノリでラインを作っているような場合や、ラインの幅を広くするなどの場合に二重にするには良い方法です。
メスを使わない手術なので腫れることがないと思われがちですが、皮膚を全く切らないという訳ではなく、通した糸の結び目を確実に埋め込むために微小は切開をします。
プチ整形には最新の方法もあり、糸をまぶたの裏側の結膜に通さない方法もあり、これはラインにそって糸を線状に通ることができるため、術後の腫れがより少なくなります。
腫れがより少なくなりますが、腫れないということではありません。
二重のプチ整形は、メスを使わずにできるため手軽で簡単に手術をすることが出来ます。
医師やクリニックによって方法が若干異なることがありますが、術後は全く腫れることがないという訳ではないので、術後のアフターケアなどをしっかりと説明してくれるクリニックを選ぶようにします。